風水の家

Feng-shui house

風水の家とは?

豊かさと、様々な幸福を運んでくる「風水の家」

風水住宅って、なんだか占いじみてる、と感じる方も多いと思いますが、実はそうではありません。

簡単に言うと、とても居心地がよくて、楽しい気分になれて、家に帰ると気分が落ち着く家の事です。
少し興味をそそられませんか?

占いでもなく、難しい事でもなく、敷居の高い事でもありません。
もっと普通に、もっと多くの人に、しあわせを感じてほしい!と願って、私たち楽々自然住宅では、風水を取り入れた家をお届けしています。


自宅に、楽しい、リラックスできると感じる場所があるかないかで、あなたの幸せ度は確実に変わります。
寝るだけだから・・・と考えていると本当に寝るだけの家になります。


高い買い物だからこそ、広くて部屋数が満たせればいいのではなく、長く住む場所だからこそ、ほんとうに居心地がいいと思える住空間を作りたいものです。

『一般的な住宅設計とは違う「風水」を取り入れた間取り』で運気を上げる

今の日本の家の間取りや設計は、土地や周囲の環境から、日当たりと風通しを確保し、北面に水回り、南面にリビング、を配置して、必要な広さを確保するというのが一般的生撮り配置です。

この方法は基本的に間違っていませんが、「風水」そこに住む人たちにとって良い方位を導き出し、寝室やリビングを配置する方法があります。

風水設計を取り入れることで、子宝運や財運、ご家族の健康、お子様の学習運など、様々な運のコントロールをしている著名人も数多くいらっしゃいます。

住む人がその家でエネルギーを充電できるように考えられているのが、風水住宅(風水の考え方を取り入れた家)です。

『「風水」と「家相」は同じではありません』

方位鑑定では、日本古来の「家相」と「風水」はまったくちがうものです。

「家相」では、誰がどこにいつ住んでも同じで、北東が鬼門、南西が裏鬼門、と共通です。

「風水」では、家の向きや住む人によって、良い方角悪い方角が異なります。誰が、どこに、いつ、住むかによって、アドバイスは異なります。

 

『家ストレスを減らす』

最近、子供だけではなく大人の引きこもり、働き盛りの男性の自殺、病気による、体調不良や離婚トラブル、幼児虐待などが深刻な社会現象となっています。

これらの問題は、不況やリストラ、過労、学校や社会、家庭内の人間関係からくるストレスも原因と言われていますがそれらに意外なほど重大な影響を及ぼしている多くの原因が風水を無視した住空間・住環境にも要因があるのではと考えられています。

少し難しい話になりますが、自殺未遂や引きこもり、ストレス過多の人の血液を調べてみると、テストステロンというホルモンが減少していることがわかってきました。このホルモンがなくなっていると、やる気がおきなくなり、行き詰まりを感じるようになります。そのとき脳は委縮し不活性になっています。

楽しく感じる間取りや優れたデザインなどにするだけでも脳は活性化します。

どんな情報が脳に入ってくるか、それが私たちの未来を決めます。
ほとんどの人は無意識に壁の色や、壁に掛かっている絵をみています。
それらが全部脳の中に入っています。
目からあるいは五感を通して情報がはいってきて、
知らず知らずのうちに自分のものの見方、考え方が影響されています。

子供にとっても奥様にとってもカラフルな色はとても楽しくわくわくする。
毎日家に帰ってきたらお気に入りのインテリアに囲まれる。
天然の無垢材と天然の塗り壁材が空気をおいしくし、部屋全体が自然あふれる居心地のいい空間になっています。

 

風水で土地を選ぶ

制作中・・・

インテリアで風水を調整する

制作中・・・

PAGE TOP